安全に情報を処分するために|機密文書処理サービスを利用する

パソコンで文書を作成する為に利用できるサービスを知る

機密文書を処分する

シュレッダーによる機密文書の処分と他の方法

多くの組織においてはその組織の外に漏れてはならない機密文書を取り扱っています。その基本的な処理方法は現代ではシュレッダーによる裁断であり、規則的に細く切られてしまうため復元が困難な状態にできます。 この方法は簡便であるものの、比較的大型の機械が必要になるということや大量の機密文書の処理に時間がかかってしまうことなどの問題点を抱えています。 そのため、個人レベルでの処分ではシュレッダーに頼らず、手でちぎって細かくしてしまう方法がとられます。不規則である分、パズルのようにして復元が可能である可能性があります。 一方、業者に委託して機密文書を溶解してもらったり、リサイクルまでを担ってもらうという方法もあり、より信頼性が高い方法となっています。

シュレッダー処理と外注する費用

特に組織において機密文書の処理を行う際にはその処理にかかる費用と信頼性のバランスを考えて行わなければなりません。社内でシュレッダー処理することは費用がかからないようにも見えますが、人件費が事実上はかかっていることになるので大量の機密文書の処理に際しては必ずしもよい選択肢ではありません。 業者に依頼すると数百枚が入る一箱あたり1500円前後から5000円程度の費用がかかるものの、紙を丁寧に揃える必要がなかったり、必ずしもA4などの決まった大きさの紙でなくてもまとめて処理してもらえたりするといったメリットがあります。信頼度について外注することによる懸念がありますが、保険に勧誘することによって万一の備えをすることも可能です。